ハイスクール年代、保健体育の領域で「お婆さんが寝たきりになる原因は骨折がトップ」と教わりました。「最も病魔をしていない奴も、骨折をすればそれだけで寝たきりになってしまう。ですから骨折だけは絶対にさせてはならない」って医者は熱弁していた記憶があります。

ただし、うちの祖父は骨折をしていないのに寝たきりに。高温で入院し、そうしたら寝たきりのやりくりが始まりました。そのギリギリ家事という親せきもまじえ旅を通してあり、その時親せきの乳幼児が恐ろしい感冒を引いていたのです。

祖父が高温を出したのは旅から帰って近々。お医者さんからは持病に関する発熱だと言われましたが、個人的には親せきが持ち込んだ感冒がうつったのだと思っています。

ハイスクールの領域から「骨折すらさせなければ寝たきりにはならない」って思いこんでいました。それだけに祖父が高温で寝たきりになったのはびっくりしました。

骨折をしたら体躯を痺れるのですから、寝たきりにならざるを得ないのは理解できます。祖父のように高温を出したケースでも、動けなくなるという点ではおんなじイベント。身体の病状による寝たきりやりくりは不行き届きでした。

骨折が寝たきりの原因にのぼるという思い込みは間違いではありません。但しそれ以外にも寝たきりの原因に変わるものはいらっしゃるということを、お婆さんの家族には知っておいてください。汗のにおいがキツイ?原因は普段の食事にあるかもしれません。